教室に電話する

閉じる
放課後等デイサービス ミライエはセントスタッフが運営するお子さまへの支援・療育を目的とした福祉施設です

policy

ミライエの方針

  • 個性を尊重し、個性を伸ばす
  • 社会性を育てる
  • 地域でサポートする
  • 個性を尊重し、個性を伸ばす
  • 社会性を育てる
  • 地域でサポートする

保護者の声

文章構成(いつ、どこで、誰と、何をした)の課題を取り組むようになって、小学校の授業で発表する際に「いつ、どこで~」の構成で話すことが出来るようになりました。

もっと見る

quality

ミライエの特徴

ABA(応用行動分析)を活用した
個別療育プログラム

ミライエでは、㆒人一人の特性や発達状況、また年齢などに応じ、ひとりひとりに合わせたオーダーメイドの「療育」プログラムを作成しています。

「療育」プログラムは、「個別療育」と「集団活動」から成りますが、ミライエではNPO法人ADDSと業務提携し、同法人の持つABA(応用行動分析)のノウハウを用いたマンツーマンの個別療育プログラムを取り入れています。

「個別療育」プログラムで、一つずつ出来ることを増やしていくことで成功体験を積み重ね、また「集団活動」で社会的スキルを伸ばしていくことで、児童一人一人が、自分らしく社会生活を送れるサポートを行っています。

個別療育

個別療育

児童1人対指導員1人(原則、担当制)で、1回あたり45分間

フルオーダーメイドで作成した個別の記録シートを実施し、業務提携先のNPO法人ADDSのスーパーバイザー(臨床心理士等)との定例カンファレンスにおいて内容を更新しながら、療育プログラムの検討を行っています。

毎利用後、実施した内容を保護者様に報告し共有しています。

集団活動

集団活動

集団活動では、遊びを通して周りとの関わり方、順番やルールを守る事などを体験して学んでいきます。

学校の宿題や、ダンス・室内でできる体操なども行っています。

放課後等デイサービスについて

6歳(小学1年生)~18歳(高校3年生)の、学校に就学している障がい児(注1)を対象に放課後や学校休業日(土曜日)、夏休みなどの長期休暇期間等を利用し主に生活能力の向上のための支援や社会との交流の促進をするとともに、放課後の居場所作りを備えた福祉サービスです。

(注1)放課後等デイサービスでは手帳の有無に関わらず 、受給者証を交付されている児童が対象になります。

教室

対象者

小学1年生から高校3年生まで

利用定員

1日10名

営業日・営業時間

平日
13:00~18:00 / 土曜 10:00~17:00
長期休暇
10:00~17:00
休み
日曜日、祝日、年末年始
© 2017 放課後等デイサービスミライエ all rights reserved